酩酊珈琲

夜行性絵描きの雑記帳。

--

Category: スポンサー広告

Tags: ---

Response: ---  ---

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
18

Category: 日々

Tags: ---

Response: Comment 0  ---

珈琲一杯分の閑話


コラージュ

こんばんは獏です
いつの間にやらメルティーキスの季節になりましたね(もう売ってて驚いた)

後輩が試験期間中なのでちょっとさみしい今日この頃。
わたしほんと2年生と遊びすぎだと思うんだ(笑)
卒業したくないなあ(´・ω・`)


最近 美術の時間にコラージュやってるんだけども
びっくりするほど下手な自分にびっくりしてます(真顔)

かと思えば どうにか完成したこれ(↑)を
油彩で模写しろっていうんだから今回の課題の鬼加減は目をみはるものがあるよ…
なんも考えず二眼カメラチョキチョキしてた自分を心底恨む。描けるか。


さて
たまにはとくとくと喋ろうかな なんて。



午後、15時過ぎの話。

焼き芋にバターつけると美味しいよねとか
理想の豆大福像(つぶあん+甘すぎない+塩気)とか
和菓子に苦くて濃いブラックコーヒー合うんだよ、とか とか。

眠たい現代文の授業のさなか
隣の子とゆるゆる甘味談義をくりひろげたせいか
珍しく甘いものが食べたくなって困った…

最近味覚が変わりつつあるのですよ
あんなに甘いものだめだったのにね。

「誕生日は半熟カステラワンホールにローソク立ててほしいなあ(*´∀`)」
なんて先日、後輩にキラキラしたこともあった、ような。



茶髪の話。

どうやら私 茶髪派のようです
\単なる髪フェチともいうよ/

茶髪の輪郭がやわらかく陽に透けるのを
半歩後ろからぼんやり眺めるのがすき。
秋冬の朝の、仄白いひなたに溶けて消えちゃいそうな雰囲気に見惚れるんだ

梳いた指先に感じる軋みもね
さら、って滑るきれいな髪と同じくらい
実はすきなんだよ。

ちなみに当の私はというと
いくら放ってもプリンにならずに色が程良く混ざる変な髪質をしています。笑
(※ 地毛の黒+染めた焦げ茶+日に焼けた赤茶・橙、の斑になる)



何年も、何年も前の話。

ごく稀に ナイトウ、という苗字を見かけると
なんだか色々思い出すんだ

私がひとに絵を贈ることを愛情表現とするようになったのは
今思えばきっと あの人あって故のものだったのだな、と

…まぁ
所謂昔話ってやつです。



映画の話。

なんとなく手持ち無沙汰にうとうとしていた日曜の夜
「ゴールデンスランバー」を観ました

伊坂幸太郎原作のね 有名なアレですね
原作好きなのにそういえば通して観たことなかったなあと…
「鴨とアヒルのコインロッカー」はちょっと前に観たんだけどもね。

いやはや、
ひとりでリビングに寝転がって観るには勿体ない映画でした

ベタな展開になかなか弱いのです 私。

ビートルズの曲名をもじった台詞、
打ち上げ花火に紛らわせたキス、
ボロ車のエンジンがかかる瞬間、
胸ポケットのiPodにめり込んで止まった銃弾、
【たいへんよくできました】のハンコ、とかねぇ

特にiPodが銃弾を食い止めたときは
後から思い返すと笑えるくらいぼだぼだ泣いたぜ…

あとね、竹内結子さんが終始かわいかった
回想シーンのショートヘアに何度キュンときたことだろうか(真顔)

板チョコ割りながらゆるゆる別れ話するシーン観てると
なんとなくユリちゃん思い出したなー
「人のセックスを笑うな」のね。久しく観てないけど多分一番すきな邦画。

それと同じく、
これは誰かと並んで座りながら観たいなあとね 思ったんだ

ふたりしてコーヒーマグ両手で包むみたいに持ってさ
視線はテレビに向けたまま、合間で肩にあたま乗っけてじゃれてみたり
うとうとしかけたところを起こされたり

そういうのがすき。
冬休みの楽しみにとっておこうか、なんて
ぼんやり考えた。




マグの底が見えてきたので
この辺で。
スポンサーサイト
PROFILE

獏

Author:獏
珈琲と食事と睡眠がすき

アクセスカウンター
ボディピアス通販カラコンネックレス時計買取ウォッチング


3
4
5
6
7
8
9
11
13
14
15
16
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
10, 2011 < >
Archive   RSS
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。