酩酊珈琲

夜行性絵描きの雑記帳。

--

Category: スポンサー広告

Tags: ---

Response: ---  ---

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
11

Category: 日々

Tags: ---

Response: Comment 4  ---

彩り


大学生になってしばらく経ちました。

美術・音楽・映像演劇を専攻する風変わりな新設学科で日々を過ごしているのですが
まぁ案の定おもしろい人たちばかりで毎日が色鮮やかです。

人間に興味持つってのはやっぱり素敵なことだね。
佇まいやセンスや好きなもの、何に魅力を見出すのか、何を志してこの学科に来たのか、
色んな事を深く知っていきたい人がほんとうに大勢いる。

美術展巡りとか、劇団四季とか、宝塚とか、服飾とか、歌舞伎とか
皆、すきなものの話をする時の目がすごく輝いてるの
芸術の話で盛り上がれる同志ができたのが嬉しくて仕方ないって、誰しもが笑顔で言うんです

わたしが望んでたのはこういう環境だったんだなあと日々噛みしめてます。
ありがとう偉い人。


日々、新しいことに気付かされます

パンツスーツ姿でパンプスを履いて歩くのはひどく身体が強張るということ
早くも、制服姿の高校生を見ても同族意識が湧かなくなっているということ
連日私服の組み合わせを考えるのは案の定難しいということ
毎朝メイクをするのは怠いけれども、鏡を見るのが少しだけ楽しくなるということ
趣味のいい服装を毎日浴びるように見られるのは刺激があってよいものだということ
春の嵐の中、チュールのロングスカートで歩くのは気分がいいということ

暖かい日にキャンパス内の芝生でぼんやりするのは気持ちがいいということ
初めてのフランス語の授業がとてもおもしろいものだということ
最年少として先輩たちに可愛がられる環境も悪いものではないということ
新歓の居酒屋で先輩がモツ鍋をよそってくれたのが嬉しかったということ
ふと気づけばお姉さん気質の子とばかり仲良くなっているということ

やはり時折、ふとした瞬間に後輩を恋しく思ってしまうということ
広がってゆく世界が触れ合わないのが、やはりぽっかりと寂しいということ
だからこそ時折会えると嬉しくて嬉しくて、思いっきり尻尾を振ってしまうということ。

ああ、大学生になったのだなあと実感するのです。
(どうでもいい余談:「ということ」がゲシュタルト崩壊してきた)


そんな中、
カフェテリアで水彩道具広げて暇を潰したり
芝生に座って花見がてらお弁当を食べたり
チャペルのステンドグラスに見惚れたり
履修登録に頭を抱えたりしながら

わたしは今日も元気にしているよ。
スポンサーサイト
PROFILE

獏

Author:獏
珈琲と食事と睡眠がすき

アクセスカウンター
ボディピアス通販カラコンネックレス時計買取ウォッチング


2
3
4
5
6
7
8
9
10
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
04, 2012 < >
Archive   RSS
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。