FC2ブログ

酩酊珈琲

夜行性絵描きの雑記帳。

--

Category: スポンサー広告

Tags: ---

Response: ---  ---

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
12

Category: 独り言

Tags: ---

Response: Comment 0  ---

ほろほろと


山吹散るや…
なんて詠んだのは誰でしたっけね。


山吹の代わりに
近所の金木犀がぼちぼち散り始めました

秋もそろそろ本番かなぁ


…たとえば、

たとえば制服の左腕に移った香水の匂いが嬉しくて
もうしばらく消えないで欲しいと願ったり

自分と似た背格好のきみと相合傘をしたのがなんだか楽しくて
寒い寒い雨の帰り道を短く感じたり

甘えてセーターの腹に顔をうずめてみたとき
ひどく、ひどく久しぶりの感覚に
ふと複雑になって でもまぁいいか、と温かい気分になったり

階段を1フロア隔てたこの距離を
こんなにももどかしく思うようになった自分に気付いたり

「先輩」の私からのふとすれば押し付けにもとれる愛情が
「後輩」のきみの元へと果たして歪まずに、まっすぐに届いているのだろうかと
来る日も来る日も不安になったり

…出会うのが遅すぎた と
過去数年間の自分を苛んだり

色々思うことがある。


ゆっくりだけど
落ちていってるのが手に取るようにわかるよ 

自惚れてもいいんですか、なんて
性懲りもなく思うんだ。


…いつだったか
金木犀が散る頃には、なんて考えたことがあったよね

明日の早朝
ほろほろと地面を染める橙色の花を踏みながら、
私はなにを想うんだろうか。
スポンサーサイト
comments
leave a comment





PROFILE

獏

Author:獏
珈琲と食事と睡眠がすき

アクセスカウンター
ボディピアス通販カラコンネックレス時計買取ウォッチング


1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
12, 2018 < >
Archive   RSS
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。