FC2ブログ

酩酊珈琲

夜行性絵描きの雑記帳。

--

Category: スポンサー広告

Tags: ---

Response: ---  ---

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
23

Category: 独り言

Tags: ---

Response: Comment 0  ---

追憶辿り


テレピン油 というものがあって。

無色透明の、油彩の溶き油の一種。
ペトロールとかリンシードオイルとか色々あるんだけど、
獏が最近愛用してるのはこれ。
ほどほどに早く乾いて、光沢目立ちもしなくて使い勝手上々、

…なんだけどもー(´・ω・`)


嗅覚が結構いいのですよ。
ついでに些細な物事を匂いで覚えがちなんですよ。

合宿先のペンションの食卓の匂いとか、
うちの猫が小さかった頃の獣くさい匂いとか、
入り浸ってる友達宅で淹れるコーヒーの匂いとか、
年に一度、唯一作れるネコ型クッキーを焼く時の台所の匂いとか、
親友が一時期付けてたバーバリーの香水の匂いとか、
吉祥寺のパン屋さんの匂いとか、
修学旅行先の熊本城で食べた熱々の団子の匂いとか、
一年振りにキャップ開けた、シルクスクリーン用ペンのインクの匂いとか、
誰かに抱きついた時の匂いとか。

ほんとに、なんでも。


学生なので、文化祭というものがあり。
外装のメインを飾る大きな油絵をひとり教室で描いてた。

放課後になる度、出し物のダンスの練習してる皆と時々喋りながら。
男子が差し入れてくれた、私の好きな銘柄の缶コーヒーに、気利くなって笑いながら。
腱鞘炎だった右手首を、油絵の具で汚れた包帯できつく締め直しながら。
ひとり、またひとり帰ってく友達に手を振りながら。
あの子はまだ学校いるかなあってぼんやり考えながら。
そろそろ迎えに来るかなあってそわそわしながら。


毎日、毎日。
そんな夏だった。


それ以来とんと油絵描いてなくて。
今月中旬頃、2月に〆切を控えた全日本学生美術展の為に、久々に画箱を開けた。

あの一夏で随分消費したテレピン油の瓶を傾けた瞬間、
ほんとうにもう、ぶわぁぁあああっと…

氷水を頬にぴしゃんとぶっかけられたみたいな、
氷のかたまりで頭の中から殴られたみたいな、
ああもう、なんて言えばいいんだ?

つんとくる独特の匂いを嗅いだ瞬間、
眠気でぼやけた視界が一気に醒めたみたいに、
ほんの一瞬で一夏をまるごと思い出した。

教室に差し込んだ夕陽の橙色も、
座り込んだ床の冷たさも、
缶コーヒーの苦味も、
パネルの大きさも、
右手の痛みも、
胸の痛みも。



ねぇ、もう2月になるよ?
日が経つのが早すぎて、怖いよ。
スポンサーサイト
comments
leave a comment





PROFILE

獏

Author:獏
珈琲と食事と睡眠がすき

アクセスカウンター
ボディピアス通販カラコンネックレス時計買取ウォッチング


1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
09, 2018 < >
Archive   RSS
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。