FC2ブログ

酩酊珈琲

夜行性絵描きの雑記帳。

--

Category: スポンサー広告

Tags: ---

Response: ---  ---

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
22

Category: 独り言

Tags: ---

Response: Comment 0  ---

ぶくぶく


沈んでみる。






ふと今思えば
高1の私はどうしてあんなに強かったんだろう と。


ひとり穏やかに焦がれてた。
別れ際に餞別として、さらりと伝えることだけを漠然と夢見てた。

抱えきれない程の葛藤をすべて薄められるくらいに、
もしも私が、を跡形もなく打ち消せるくらいに、
笑いながら飲み込めるくらいに、
関係の心地良さに酔ってしまおうと自分をなだめてた。

叶わないって自ら一線を引いていたものね。
あの日まで ただの一度も涙腺は緩まなかった。

駆け引きのかけらすら存在してなかったあの秋に、冬に、
いっそ戻ってしまえたらどんなにも楽だろうと
今でも時々思うんだよ。


…とは言え
来る者拒まず去る者追わず の典型例だった私にしては、
ある意味大したものだと他人事のように思ってる。

変な話、
彼女と天秤にかけるとしたら
私は涼しい顔をして自分の右手を潰せてしまえる。
画箱を打ち棄てることだって厭わない。


大概歪んではいるけども
きっと そんな存在なんだろうね。

今もこれからも 多分ずっと。
スポンサーサイト
comments
leave a comment





PROFILE

獏

Author:獏
珈琲と食事と睡眠がすき

アクセスカウンター
ボディピアス通販カラコンネックレス時計買取ウォッチング


1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
12, 2018 < >
Archive   RSS
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。